ロゴ

平成29年度 くんねっぷ:アート・タウン・プロジェクトの紹介

「旅するムサビ」黒板ジャック・対話型作品鑑賞会

 武蔵野美術大学の「旅するムサビ」メンバー9名が来町し、黒板ジャックと対話型作品鑑賞会を行いました。黒板ジャックは北海道初でした。

 子供たちに内緒で黒板にチョークでリアルで迫力のある絵を描き、翌日登校してきた子供たちは「なにこれ!どうやって描いたの?」と驚きの連続でした。

 7時間ほどかけて書いた作品は授業が始まる前に消されましたが、驚きとともに美術への関心が引き出されました。

 対話型作品鑑賞会では学生が作品をもちこみ、美術の授業として中学1・2年生が対話しながら作品の鑑賞を行いました。

 対話型作品鑑賞会とは、作品を見てどう感じたか、何を思ったかなどを自由に発言し、最後に作者から作品の制作意図などを聞き、アートへの理解を深める鑑賞会です。

 面白い発言に新たな発見がおこり、美術の多様な価値感や考え方に出会い、感性が広がりました。 

旅するムサビメンバーのブログ

1.「旅するムサビ」メンバー来町!      https://tabimusa.exblog.jp/237696919/ 

2. 黒板ジャック制作!           https://tabimusa.exblog.jp/237703100/

3. 黒板ジャックお披露目・対話型作品鑑賞会 https://tabimusa.exblog.jp/237716447/ 

4. 関係空間視察・かつ丼、焼肉.........    https://tabimusa.exblog.jp/237722582/

5. 反省会                 https://tabimusa.exblog.jp/237744273/

彫刻作品公開制作

 昨年の平成28年8月17日、台風で訓子府小学校のシンボルだった「ハルニレ」の木が倒れてしまいました。その「ハルニレ」が1年後に彫刻作品として生まれ変わりました。制作者は武蔵野美術大学彫刻学科助手の山本麻璃絵さん。訓子府の開拓時に使われた「鍬」と町の特産品の「とうもろこし」「メロン」「たまねぎ」を組み合わせて、121年の訓子府町の歴史を彫刻にしていただきました。

くんねっぷアートダイアリー (作成:訓子府町教育委員会社会教育課)

 1.山本さん来町!(205KB) 2.フォークリフト乗れます (318KB)   

3.ワークショップに向けて (205KB) 4.三本柱! (363KB) 5.明らかに曲がってきた! (295KB)

6.オペ(321KB) 7.秋の予感 (309KB) 8.テーマの話 (247KB) 9.テーマの話2(415KB)

10.テーマの話3 (354KB) 11.山本さんと小さなおともだち (268KB)  12.完成間近(272KB)

13.完成しました! (243KB) 

キッズアート 協力:子育てサークルOHANA

訓 子府の子育てサークルOHANAの方々に協力していただき、子ども向けのアート体験を開催しました。行ったのは道路に絵を描「ロードアート」と、ミニランタンづくりです。子どもたちは水性の絵の具やチョークを使って絵を描いたり、手や顔に絵の具をつけたり自由に遊びました。

くんねっぷアートダイアリー(作成:訓子府町教育委員会社会教育課)

レクリエーション公園の駐車場にお絵かき!和風ミニランタンづくり! (368KB)

レクリエーション公園の駐車場に大きな絵が完成! (372KB)

みんなで後片付け! (331KB)

彫刻体験ワークショップ

 彫刻作品公開制作の作者である山本麻璃絵さんに、彫刻体験ワークショップの講師をしていただきました。「くわ・くわ・くわ」の材であるハルニレを三角、丸、四角に切った材を使って、こどもたちが自由に工作をしました。山本さんは、子どもたちが作りたいものを、木を使ってどうやって作ったらいいかをアドバイスしました。

くんねっぷアートダイアリー (作成:訓子府町教育委員会社会教育課)

 彫刻体験ワークショップ (294KB)

訓子府町図書館ツイッター

8月17日〜9月1日の投稿で、アート・タウン・プロジェクトについて紹介されています

 訓子府町図書館ツイッターリンク

 https://twitter.com/kun_tosyo

広報折込チラシ

平成29年 広報くんねっぷ9月号 折込チラシ (発行:教育委員会社会教育課)

平成29年度 くんねっぷ:アート・タウン・プロジェクト 折込チラシ【表】 (5483KB)

平成29年度 くんねっぷ:アート・タウン・プロジェクト 折込チラシ 【裏】 (6240KB)

カテゴリ名