権利をまもること(権利擁護)

成年後見制度の利用支援や虐待防止と養護者の支援を行います。

このようなときにご相談ください

財産管理や契約に自信がなくなったとき、悪質な訪問販売の被害にあったとき、虐待(身体的・心理的・経済的・性的・介護放棄など)にあっている、またはそのような人を発見したとき など

成年後見制度とは

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力が不十分な場合に、財産管理や様々な契約、遺産分割の協議など、本人の権利を守る為に支援する制度です。

成年後見制度利用支援事業

認知症で判断能力が不十分になり、福祉サービス等を適切に選択し、利用・契約することが困難な高齢者等の成年後見制度の申し立てに要する経費等を助成します。

対象となる方

生活保護など申し立てに要する費用を負担することが困難な方(事前の申請が必要です)

 

 

 

 

カテゴリ名